ひっそり暮らし

分譲マンションで暮らす、おひとりさまのブログ。節約*暮らし*猫

取付不可!エアコンを返品することになった失敗談。

毎日真夏日のような気温が続いています。

ここ数年で、エアコンの節電はこまめに切るよりつけっぱなしがいい、といった定説が広まってきましたね。
猫がいるわが家では、何年も前から夏場はエアコンはかけっぱなしです。

f:id:fugu-ya:20170703230500j:plain

寝室用エアコンを大手量販店で購入したものの・・・

新居に引っ越した最初の夏、寝室にはエアコンがありませんでした。

物件契約時、リビングのエアコンはサービス品として設置されていたのですが、寝室には配管があるのみ

壁に穴を開ける工事はすでに済んでいるため、ちらほらと夏日が出始めた頃に購入することにしました。

某カタカナ電気さんの店舗へ訪れると、繁忙期だと思われる5月にもかかわらずエアコン売り場はガランとしていました。(平日だったからでしょうか?)

寝室は6帖弱しかなく、窓からの日差しもきつくない位置にあるため、一番小型で安価なもので済ませようと思っていました。

店員さんを呼び止め、一番安い機種を購入したいと伝えると、
「在庫切れです」とのお返事・・残念。

他の店舗に移動しようと思っていたら、別のメーカーの少し高い機種を同じくらいの値段に値引きしてくださるというお話に。
少し得した気分になって(予定より高くなったのに^^;)申し込みをしました。

申込みのちょうど1週間後、エアコンを持って作業員さんお二人がいらっしゃいました。

ドキドキしながら、本体の設置場所と室外機の設置場所を見てもらったのですが・・

 

「バルコニーのケーブルの長さが足りないから、2段設置用の棚16,000円と、隠蔽工事13,000円合計29,000円追加ね」

 

店頭でエアコン代7万円も支払っているのに、更に3万円弱もかかるなんて;;

でもエアコンは絶対に必要だし、他の商品を探したところで費用を安くする方法も見当がつかないので、泣く泣く追加費用を支払って設置してもらうことに。

ところが、
「配管見させてもらったけど、このケーブルでは今日持ってきたエアコンはつけられないね」

!!!

どうして〜;_;

付けられないと言われてしまったので、仕方なくキャンセルすることに・・
取り付けできなかった事情は作業員さんが店舗の方へ連絡してくださって、返金処理はスムーズに終わりました。

さて、なにがダメだったのか。

先行配管(隠蔽配管)と取り付け位置に注意

f:id:fugu-ya:20170801134225j:plain

自宅の写真です。
左側の2本が集まっているところが、バルコニーへ繋がっています。

下側の配管は、奥の壁の中へ。これが先行配管部分。

f:id:fugu-ya:20170801134217j:plain

こちらは無事エアコンが取り付けられたあとの写真ですが、エアコンから出ている配管が壁の中に入っています。

エアコン>壁の中>バルコニー>室外機 の経路で配管が通っています。

今回問題になったのが、この配管の「電線(?)」でした。
主流のエアコンは、2mmのケーブルを使用するそうです。
一方わが家のケーブルは1.6mmが設置されていた様で、機種によっては取り付けできないと・・

「1.6mmのケーブルが設置されているのは、リノベーションの施工業者がダイキンと提携してるからでは?」と業者さんがおっしゃっていました。
1.6mmで設置できるのがダイキンと三菱くらいしかないからだそうです。

そして後日、別の業者さんにお願いして三菱のエアコンの取り付けが完了しました。

f:id:fugu-ya:20170801134210j:plain

写真右側、ふかし壁から少しはみ出しています^^;

一番小型な機種にしたのですが、それでも設置スペースに収まらず。
壁から一部浮いてしまいましたが、動作に問題はないそうです。

リフォームやリノベマンションで、エアコンの先行配管(隠蔽配管)が施工されている場合は、

・エアコン本体設置スペースの寸法
・ケーブルの種類
・室外機の設置スペース

をよく確認してから購入する必要がありそうです。お気を付けください!

ではでは🐡 

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
ランキングに参加しています。応援ありがとうございます🐡

ぱくたそ-フリー写真素材・無料ダウンロード