ひっそり暮らし

分譲マンションで暮らす、おひとりさまのブログ。節約*暮らし*猫

突然の激痛!虫歯の発見と電動歯ブラシ。

先日治療を終えた1本の虫歯。
人生で一番痛い思いをした、壮絶な体験でした。

激痛で眠れなかった17時間

事の発端は、食事中に感じた痛みでした。
奥歯で噛んだ時に、初めて感じた「パキン」という刺激
びっくりはしたものの、その後は違和感もなく数日が過ぎました。

そこから数日。
飲み物や甘いものが染みるようになりました。
特にグミを食べたときは悶えるような痛みが・・
歯茎の炎症だと思い込み、しばらくガシガシ歯磨きする日が続きました。

最初の痛みから2週間ほど経って。
仕事中の午後4時、突然ガンガンと激しい痛みに変わりました。
冷水で口をゆすぐと一時的に収まったので、明日の歯医者を予約してなんとか半日我慢することに。
ところが痛みはどんどん加速して、冷水でもごまかせない・・
どうにも治まらないと感じた時は夜の9時で、鎮痛剤を買える薬局もなく地獄の夜を過ごしました。

翌日の10時、予約した歯科に行ったのですが、私の痛がり方がひどくて原因の特定が難しいと言われてしまいました。
なにそれー!と心の中で叫びながらも大学病院(大学歯科?)の紹介状を書いてもらい、自力で移動。
たまたま歯科がお休みの日で、口腔外科にかかることに。
ここからがまた長かった・・
原因の特定ができるまで麻酔は出来ませんと言われ、激痛の中歯を削る!削る!
ただ、あまりの痛みでほとんど記憶がありません。
まつげエクステをした、先生のきれいな目元だけを覚えています。笑

結果、「虫歯でもろくなった歯の根元付近にヒビが入り、雑菌が入って炎症・ウミがでていた。」との診断でした。
この診断を言われるまですっかり忘れていたのですが、最初の「パキン」という痛み、あれは歯が割れた瞬間だったのかもしれません。

歯の大切さを実感して。

f:id:fugu-ya:20170803223519j:plain

虫歯がここまで大事になるとは思っていませんでした。
虫歯だけは、なってからでは遅い!
手磨きで虫歯を防げなかったので、潔く電動歯ブラシに頼ることにしました。

ミニマリストさんの間で人気の「ジェットウォッシャー」も魅力的だったのですが、私が選んだのはフィリップスの電動歯ブラシ。
フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6520/50

電動歯ブラシの中でも価格がお手頃で、タイマー機能がお気に入りです。
2分間を30秒づつの4区間に分けて、①上の歯の表面、②上の歯の裏面、③下の歯の表面、④下の歯の裏面、を均等に磨けるように知らせてくれます◎

具体的には、磨いている途中にほんの一瞬振動が止まります。これが30秒間隔で3回。
合計2分というのは、アメリカの歯科医専門家の推奨時間だそうです。
あっという間に歯の表面がツルツルになります^^*

生えかけの親知らずが2本あるのですが、電動に変えてからは以前よりしっかり磨けていると、かかりつけの先生にお墨付きを頂きました◎

ちなみに、お財布の痛さ(出費)よりも実際の歯の痛さの方が何十倍と辛いです。
「あの時の痛み」か「1万円を捨てる」か選べと言われたら、1万円を捨てる方を選ぶと思います。それくらい辛かった・・
きれいで健康的な歯のために、電動歯ブラシと歯間ブラシの合わせ技でしっかりお手入れ頑張ります!

ではでは🐡