ひっそり暮らし

分譲マンションで暮らす、おひとりさまのブログ。節約*暮らし*猫

言葉に潜むトリック。「白いものは汚れやすい」に感じること。

「白いものはすぐ汚れるから・・」という言葉の意味

いつからか、白いものは汚れやすい、だから避けなければと思っていました。

真っ白なTシャツはすぐ汚れるから、黒や柄モノを買う。
キッチンで使う布巾もタオルも、ベージュやブラウンを選ぶ。

ふと、それって正しいのかな?って。

f:id:fugu-ya:20170827101806j:plain

 

それは、汚れが目立つというだけのこと。

白色だけが特別に汚れを呼び寄せてるわけではありません。

ただ、“目立つ”というだけのことでした!

ベージュやブラウンカラーのタオルも、目に見えないだけで同じように汚れ、傷んでいきます。
清潔かどうか判断がつかない物を使い続けるより、一目瞭然な白を選ぶ。

汚れに気づきやすいから、すぐに手入れができて結果的に長持ちする◎

汚れたら手入れする。そのものが何色かは関係なく。

身の回りのモノは、それが何色であっても分け隔てなく手入れします。

それに加えて、白のアイテムは
「汚れた」
「傷んだ」
「壊れた」
サインがわかりやすい

だから、
“ふだん気づかなかったから、いつのまにか買換え時がきて急な出費!”
ということも格段に減ります◎

衝動買いは少ないのになぜか出費がコントロールできないという方は、ぜひ持ち物の白色率に目を向けてみてください^^

ではでは🐡