Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

洗えるペーパータオルと「使い捨て」のこと

「洗って使えるキッチンタオル」のこと。

f:id:fugu-ya:20180116210248j:plain

言わずと知れた人気商品。

昨年末から私も使い始めました。

繰り返し使う≠二次利用

洗えるとはいっても、汚れ物を何度も経由したキッチンペーパーは...と思い、ずっと従来の使い捨てキッチンペーパーを使用していました。

が、そもそもこの考え方がまず間違いだったと気づきました。

賢い使い方は、食品や食器の拭き上げはまっさらな状態で、一度洗った後は掃除に使う。これが正解みたいです。

 

いわゆる丁寧な暮らしを実践されている方々から「キッチンのリセット」や「シンクの拭き上げ」などのフレーズをよく耳にしますが、これらの隅々まで行き届いたお掃除にマッチしたのが「洗って使えるキッチンタオル」なんだと気づきました。

私自身も、持ち物を厳選して暮らしのサイズを小さくしたからこそ、こういった作業をする余裕が生まれ、この商品の魅力を実感することができました。

繰り返し使える≠使い捨てできる

実際に使っている用途と順番は、

・食器の拭き上げ
・(食材の水気とり)
・キッチンの掃除
・洗って繰り返し掃除に使う

という工程。

従来のキッチンペーパーのように破れることもなく、ほどよい厚みで水の含みも良い。

最後はコンロや排水口などの掃除に使って潔く捨てられます。

f:id:fugu-ya:20180116210253j:plain

時代が違えば使い捨て布巾として売り出されていたんじゃないかな、なんて思いました。

使い捨て商品は資源や環境問題の観点から極力減らしたいところですが、やはり衛生面ではとても便利で頼りになります。

ガーゼ布巾に戻れないほどの魅力を実感してしまいました。

ペーパーとタオルの併用

上に上げたような用途でキッチンタオルを取り入れると、不要になるのはキッチンペーパーではなく布巾。

何度も漂白して劣化した布巾たちは、ペットのトイレ掃除や玄関、バルコニーなどの掃除用に転身させました◎

従来のキッチンペーパーは、揚げ物の油きりや煮物の落し蓋など、頻度は減りましたが出番があるので併用しています。

 

布巾の手入れに当てていた時間がなくなったことで、そのぶん料理へのハードルが下がった気がします。