Web
Analytics

ひっそり暮らし

分譲マンションで暮らす、おひとりさまのブログ。節約*暮らし*ミニマル

「だろう」の結果と、何かを始めること。

大丈夫だろう、と高を括っていました。

iPhoneを落としました

私の勤め先には、一部カーペット敷きのスペースがあります。

掃除機で取り切れなかったゴミを手で取り除こうと屈んだ瞬間、胸ポケットからiPhoneが落ちました。

柔らかいカーペットだし、ここで落としても大丈夫だろう。

なんて思いはじめてから約1年間、何度も同じように落としていましたが幸運にも画面が割れることはありませんでした。

が、やはりというか、ついに割れてしまいました。

f:id:fugu-ya:20180119215831j:plain

液晶が割れてしまった時、カバーやケースはなにも付けていない状態でした。

ケースを付けていると車のスマホスタンドに置きにくく、充電時もバッテリーが熱を持ってしまう感じがして。

何かを始めるタイミング

スマホの角や背面に擦り傷が増えるたびに反省はしていたものの、「今更カバーを着けたところで・・」と思っていました。

でも割れてしまった今思うのは、「あの時、カバーを着けていれば。」です。

 

スマホのカバーなんて些細な事と引き合いに出すのは気が引けますが、一昨年頃、はっとさせられる素敵な言葉を目にた事を思い出しました。

『何事も、始めようと思った時に遅すぎるということは無い

という、言葉。

漫画に描き起こされたツイートが、沢山の記事に引用されています。

heaaart.com

アタシはピアノを始めたとき、いい年だったのよ。

今から習ったってしょうがないわよって年、でもね、考えたの。

今始めなかったら来年の今頃私はこう思うわ

去年始めていればピアノ歴一年だったのに」って

何度か勤め先の朝礼スピーチに引用したこともあるくらい、この発想にとにかく胸を打たれました。

後悔は過去の自分が作っている

傷がついたスマホも、今カバーを着ければこれ以上傷はつかない。

諦めていた資格も、今取り組めば取得できないことは無い。

 

憧れの暮らしも、あきらめず、今この瞬間から踏み出せば、後悔は生まれない。

 

この考え方を意識するようになってまだ日は浅いですが、今年の目標という短期的なものではなく、人生の中で常に意識したいと思っている事の1つです。

ただの受け売りな上に私自身もまだ見についていない習慣ですが、1人でも多くの方に知っていただけると嬉しく思います*^^*

それでは🐡