Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

ミニマリストとバスローブ

お風呂上がりウェア

季節を問わずお風呂が好きです。

今の時期はみぞおち辺りまでぬるめのお湯を張り、本を読みながら30分ほど半身浴を。

芯から身体が温まっていると、湯から上がってもしばらく汗をかきます。

そんな時、どんな格好で過ごせばいいのか。

タオル1枚で過ごすわけにも行きませんし、すぐにパジャマやインナーをを着てしまうと、汗を吸ったり髪で濡れたり。

バスローブのススメ

ミニマリストのバスローブ

湯上がりに、バスローブを使っています。

わが家はバスタオルを持たず、家中のタオルはフェイスタオルサイズ。

浴室から出たらすぐにバスローブを羽織ります。

私のおすすめは、フード付きのバスローブ。

バスローブはフード付き

以前は、髪から滴る水で肩や背中が濡れてしまうのがずっと不快に感じていました。

バスローブを羽織っていると髪から落ちる水滴を吸い取ってくれるので、体や床が濡れずとても快適。

 

寒い時期も、浴室から出たらすぐに全身を包むことができるので、タオルで拭く場合と違って湯冷めの心配もありません。

 

湯上がりに30分ほど羽織るだけなので、お洗濯は1周間に1度程度でもいいそう。

私は使用後にすぐ洗って、夏場なら夜間~翌朝までに乾いています。冬の間は寝室に掛けて部屋の加湿&乾燥のいいとこ取り。

 

バスローブがあれば髪から滴る水滴や全身の汗、ボディクリームなどでパジャマ(部屋着)を汚すことがないので、お風呂上がり~就寝までがとても快適。

ふわふわのタオルに包まれている感覚も気持ちよくて、お気に入りの習慣です。

 

ラップタオルやキャミソール型は背中や肩が濡れてしまうので、「フード付き」がおすすめです。