Web
Analytics

ひっそり暮らし

分譲マンションで暮らす、おひとりさまのブログ。節約*暮らし*ミニマル

定期預金の追加と連作

定期預金を追加

ここ数年は毎年100万円ずつ貯蓄を重ねています。

普通預金口座に置いておくだけでは利息もほんの数円程度なので、昨年から定期預金を取り入れました。

関連▷はじめての定期預金

何十万円ものリボ払いを抱えていた頃の私には考えもつかなかった定期預金...。人って変われるものですね*^^*

この度追加で100万円預けることにしました。

1ヶ月ものから6ヶ月ものへ

まず預けるのは「1ヶ月もの・金利0.21%」です。1ヶ月たって満期になったら、「6ヶ月もの・金利0.12%」へ移動させます。

こちらと、

資金お引越し定期 | 円預金 | 楽天銀行

こちら。

円定期預金 春の特別金利キャンペーン(6ヶ月もの)

1ヶ月ものの方は、「他行からの資金移動」が条件なので先に利用します◎

6ヶ月ものは特に条件を付けられていないので、満期になった資金をそのまま使えます*^^* ただし4月15日までの期間限定!

楽天銀行のシミュレーションを使って100万円預けた場合の利息を計算してみると、


1ヶ月ものが143円


6ヶ月ものが482円

わずか7ヶ月合計625円の利息が受け取れます♩

手数料やデメリット

この定期に預けて実際に利息を出金するためには、

A.メインバンクから楽天銀行への振込手数料
B.楽天銀行から出金するためのATM手数料

が必要です。

私の場合、Aの振込手数料は108円です。

BのATM手数料は、楽天銀行の「ハッピープログラム」というランク制度の特典で5回まで無料になっています。預金額や取引件数でランクが決まるようで、定期預金に100万円預けているだけですがVIPランクになっていました◎

ということで、振込手数料を差し引いた517円が今回の純利益になります*^^* 7ヶ月後が楽しみです。

ちなみに、途中で解約しても手数料などはかかりませんが、金利が変わります。

1年未満での解約は元の適用金利×5%なので、0.01~0.006%ほど。預けていた日数に応じてこの金利分の利息はもらえます。

私の場合、メインバンクの普通預金金利が0.001%なので、途中解約になってもマイナスにはなりません◎

 

楽天銀行は「1ヶ月」「6ヶ月」「1年」の定期商品やキャンペーンをローテーションして出している傾向があるので、今回は良いタイミングでした。

それでは🐡 

関連▷1年で100万円貯金できる家計管理のツールと全体像(図解)
関連▷【貯蓄】2018年の貯金総額