Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らし会社員。年100万円貯蓄&家計術・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

柳宗理のミルクパン。できる調理・できない調理

【お知らせ】
書籍・ひっそり暮らし 2月20日発売

ステンレスの鍋でできること

柳宗理のミルクパン

フライパンの焦げ付きを抑える加工にテフロンやフッ素がありますが、私が使っている鍋は柳宗理のステンレス製ミルクパン。特殊な表面加工はされていないステンレスの鍋です。私が購入を検討していた頃は「焦げ付きやすい」という口コミが多く踏ん切りが付きませんでした。

実際手にしてみて、どんな調理でどの程度の変化があるのかまとめてみました。検討中の方はぜひ参考に。

ゆでる

柳宗理のミルクパンでゆで卵を作る

ゆで卵を作りました。玉子自体は重ならず5個まで入りますが、かき混ぜることも考えると3〜4個が適量です。「白い跡が残った」というレビューを見かけましたが、傷もなく問題ありませんでした。野菜を茹でても、もちろん色移りなどありません◎

そしてフタがとっても便利。

柳宗理のミルクパンは湯切りができて便利

左右にミミが付いた形状なので、くるりと回せばザルを使わずに湯切りができます◎

炊く

ごはんを炊きました。

柳宗理のミルクパンでご飯を炊く

沸騰まで強めの中火にかけ、その後ごく弱火におとして数分炊き、火を止めてて蒸らしたら完成です。

ステンレスの鍋でご飯を炊く

こびりつきなし◎

ステンレスの鍋はこびりつきがない

おこげの部分だけ残りますが、スポンジでスルッと落ちます。

煮る

ひじきの煮物を作りました。調味料と具材を約15分煮詰めて完成です。

煮物もできる柳宗理のミルクパン

火力が強い場合は水に浸かっていない鍋肌が焦げやすいですが、これもスポンジで簡単に取れます。

調味料の焦げ付きも簡単に落ちる柳宗理のミルクパン

炒める

シチューを作るため、具材を炒め合わせました。

この焦げ付きは流石にするっとはいかず、重曹をふりかけてスポンジで擦りました。

ステンレスの鍋は重曹で簡単に輝きを取り戻す

真ん中がスポンジで普通に洗った状態。下が重曹を少し振り入れて軽く擦り洗いした状態です。

 

ちなみに、ミルクパンは満水で1.2リットルです。

今回使用はシチュー4皿分(半箱)を600ミリリットルの水で作りましたが、全部は入り切らず。

余裕を持って2皿分作るのにちょうどいいサイズです。

ミルクパンでシチューをつくる

焼く

唯一苦手な調理です。焼けた部分が鍋肌にくっ付いてしまうため、食材に焼き色をつけることはできませんでした。鶏肉を焼いたら、見事なほどに鶏皮が剥がれます。

揚げる

ステンレスの鍋で揚げ物ができる

市販の冷凍コロッケを揚げました。

柳宗理のミルクパンは揚げ物もできる

残っているのは落ちてしまった衣のパン粉。焦げ付きはありません◎

注ぎ口が便利な柳宗理のミルクパン

使い終わった油を取り出す際も、この注ぎ口が便利です。ミルクパンサイズだと油も少量で済むため、揚げ物も気軽にできます。

一人暮らしの鍋は小さい方がいい

以前は大きな鍋を持っていたからこそ自信を持って言えます。鍋は小さい方が良い*^ ^* 直径22センチ、5.3リットルの両手鍋からこの片手鍋へ変えて、

・お湯がすぐ沸く(火が回りやすい)
・シンクが狭くても洗いやすい
・満水状態でも軽い(2リットルペットボトル以下)

などなど...いいこと尽くめです。一人暮らしで使う鍋は、ちいさな片手鍋がおすすめです。

柳宗理 ミルクパン 16cm柳宗理 片手鍋 18cm 

 

テーブルウェアはイッタラのティーマを愛用中。

イッタラ2枚。一人暮らしの食器と盛り付け例〈全18種〉
▷ティーマ2枚のひとりごはん第1弾第2弾第3弾