Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

トレンチコートを手放す

コートとライフスタイル

ミニマリストのワードローブ、冬でもアウターは1着

昨年着ていた、クラシックな膝丈のトレンチコート。

どんなコーディネートにも合わせられる万能アウターでしたが、すでに手放してこの冬は着ていません。

関連▷9着で暮らす、ミニマリスト冬のワードローブ(2020年)

理由の一つは丈の長さ。マイカー移動がメインなので、膝丈のトレンチコートは運転席に乗り込むたびに脱がなければなりませんでした。

着たままでも運転できないことはないけれど、シワがついたり腕が動かしにくく、快適とはいえませんでした。

もう一つの理由はベルト。

コートを着るのは自宅から車、車から職場までのほんのわずかな距離。

その短時間にわざわざベルトをとめることはなく、常に背中側で結んだままにしていました。

3年ほどそんなスタイルを続けた結果、ベルトループの縫製が傷みだしていて。

オールマイティに対応できるからと選んだトレンチコートでしたが、今のライフスタイルには合っていないのだと思い手放しました。

ショート丈のコートへ

アウターは今、ブルゾンが1着です。

サラッとした素材でニットやストールの繊維が付きにくく、着心地も取り扱いも快適。

風を通さないブルゾンは防寒性ばつぐん。ショート丈でどんなコーディネートにも。

花粉も付きにくそうな生地感で、今のワードローブとの相性も良い。

今シーズン、アウターはこの1着で過ごしています。