Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

〈家計簿〉2020年3月・一人暮らしOLの公開家計簿

3月の家計簿をまとめました。

2020年3月の収支

2020年3月は、予算より約4,300円オーバー

予算を超えたカテゴリーは主にペット関係で、散財の結果ではなく問題のない赤字と捉えています◎

3月の出費の内訳

①住まい 44,700円

住宅ローン返済&管理費・積立金です。

固定資産税や保険料など年単位の支払い費用は⑧の積立てに入っています。


②自動車 30,483円

ガソリン、任意保険、駐車場の費用が含まれています。


③通信費 7,840円

マンションの光回線と、Y!mobileのSIMカードです。

SIMは2GBプラン、通信速度も不満なしです。


④ペット(猫・熱帯魚) 10,257円

手作りごはん用のツールやエリザベスカラーを買い、通常月よりプラス5千円ほど。

新型コロナウイルスが猫・犬にも感染するという情報が出て、より一層健康管理に身が入ります。

ペットと暮らしている人は、ぜひレスキューカードを携帯してください。

詳細▷一人暮らしミニマリストと、飼い猫と、非常事態

外出自粛期間中は家にある物でご用意を。紙に手書きでも、持っていることが重要です◎


⑤光熱費 10,866円

予算まで600円のところで終了。

昨年よりわずかに上がっていますが、許容範囲です。

関連▷〈光熱費〉1LDK・一人暮らし、2019年上半期の光熱費


⑥食費 11,966円

やや多めとなりました。

生鮮食品よりも日持ちする加工品を選んだ結果。今は金額よりも大切なものがあります。


⑦生活費 1,587円

販売店の混雑に加担しないよう、なるべくストック品でやりくりする1ヶ月でした。


⑧積立て 31,100円

そろそろ歯科の定期検査の時期でしたが、しばらく見送り。

4月は固定資産税、5月は車の税金を積立てから支払います。

▷積立ての内訳や目的はこちら

3月の振り返り

新型コロナウイルスで世界的混乱が生じた3月。

そんな最中ですが、個人的にもイレギュラーな出来事で慌ただしい1ヶ月でした。

「ふつうの1日」を過ごせることが、いかに貴重で幸せなことか。

そして、混乱に直面した際に冷静な対処ができるかは、日頃の準備が物を言うと感じました。

 

備えあれば憂いなし。人生において忘れてはならない言葉です。