Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

数年ぶりに、夏アイテムの買い替え

日傘

UVスプレーか本体買い替えの二択で悩んでいた日傘。今年は買い替えることにしました。商品選びは、UVカット率だけでなく、初めて「遮光率」にも目を向けて。

関連▷ミニマリストの夏支度(3)からだ編。

遮光率が高いということは、傘の下がしっかり日陰になるということ。せっかく傘をさすなら、日焼けを予防しながら涼しい方がいい♩

遮光率99%

とはいっても、夏の日差しを布だけで99%カットするって?とやや不安に思っていましたが、届いた傘を広げてみると商品説明の通り、手をかざしても透けません。

UVと暑さから体を守る、遮光性能のある日傘

暗室で使う遮光カーテンのような物だと理解しました。光そのものを通さないため、光の一種である紫外線ももちろんカット◎

表布と裏地の2枚仕立てかと思いきや1枚布のようで、他の日傘と比較しても畳んだ状態のボリュームに大きな差は有りませんでした*^ ^* 特別に小ささ・軽さをという方には不向きですが、日よけとしての機能を求める私にはとても満足度の高いお買い物となりました♩

遮光カーテンのように陽の光を通さず、涼しく眩しくない日傘

しっかり遮光してくれる黒い裏地。地面の照り返しも拡散せず吸収するので、眩しさも軽減されました。

収納ポーチが広がるタイプだったので、雨の日もさっと仕舞えるのが嬉しい◎

【送料無料】完全遮光 折りたたみ晴雨兼用傘

 

UVカットコートはあくまで皮膜なので、時間とともに劣化や剥がれが生じます。一方素材そのものが遮光能力を持っていれば、破れない限り効果は続くはず。紫外線以外の光全体を防ぐので傘の下は涼しく、いい事ずくめでした。

ステンレス鍋を選んだときもそうでしたが、素材の持つ特性をよく理解することが物や無駄な消費を減らす近道のように感じます。