Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

もの選びで大切にしていることと、暮らしの変化

ロボット掃除機ともの選び

少し前から、床掃除のツールをルンバからモップへと変えました。

関連▷ロボット掃除機をやめて、いつでもきれいな床へ

留守中に床掃除を終わらせたりと時短効果の高い物に違いありませんが、今の生活には合わない部分がありお休み中です。

大事な落とし物

ルンバをお休みしているのは、家の中での「落とし物」を見逃さないためです。何かというと、猫のお薬。4分の1にカットされた小さな錠剤を毎日飲んでいます。当然嫌がられるので、ときどき失敗して口の端からこぼれ落ちたり、飲み込んだふりをしてこっそり吐き出している事に気が付きました。

ロボット掃除機が吸い取ったゴミは、まじまじと確認することなくゴミ箱へ移すのが常。落ちた薬に気が付かないでいると「服用しているのに効果が出ない」と勘違いして治療の妨げになる可能性も?これは良くないと思い、ゴミが見えない掃除機はやめてモップを使うことにしました。

結果論ですが、水拭きの頻度も上がってこれまでよりキレイな状態が続いています。

変化を恐れない

時短かつ楽ができるロボット掃除機。残念ながら今の暮らしには不要となりました。

判断を天秤にかける時、大切にすべきは「今」どうすべき・どうしたいのか。過去うまくいった・未来ではうまくいくかもしれないといった軸に引っ張られず、目の前の事実をまっすぐ受け止め、変化することを恐れない。高性能だから便利なはず、高価なものだから何としても活用したいといった過去に対する損得勘定や執着を捨て、今を見つめる。

そして所有する・捨てるの2者択一ではなく、試用期間を設けてみたり必要とする人へ譲ったりと処分にも失敗や無駄がないよう柔軟に検討します。

今回の掃除道具については「投薬が終わるまで」という期間限定の選択でしたが、新たな掃除環境が心地よく、期間終了を待たずに譲渡や売却することも考えはじめています*^ ^*

暮らしの変化を受け止め、ストレスや不安から目を背けないこと。手放す時も大切な資源として扱うことを忘れずに、日々の改善を繰り返してゆきます♩