Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

大は小を兼ね、小は適を生む。

角ハンガーをサイズダウン

ステンレスの角ハンガーで洗濯物を干しています。

この度、折りたたまなくて良い小ぶりな角ハンガーに買い替えました。

小は適を生む

大きい物は機能として小を兼ねます。ただしその使い心地が良いかは別のはなし。

大きな角ハンガーがサーキュレーターの風で回り、浴室のタイルにぶつかって傷を作っていました。さらに折りたたみの角ハンガーは開閉の度にピンチが絡まり、毎度それを解くのも小さな小さなストレスで。ここ数年で手持ちの衣類が減ったこともあり、畳まない小さな物に変えました。
無印良品 アルミ角型ハンガー 小・16ピンチ

ピンチに吊るして干すものは毎日の洗濯でタオルや小物10点ほど。パジャマや洋服、ベッドカバー類は普通の衣類ハンガーで干しています。

シーツやベッドカバーも、ハンガーとピンチが2個づつあれば吊るせる事を最近知りました。 簡単かつ省スペースになり、腰が重かった大物の洗濯がとても楽に。短辺をマントのようにハンガーにかぶせてピンチで止めるだけという方法です。

必要以上に大きな物は目的の対象を取りこぼすこと無く遂行できる・イレギュラーにも対応できるという利点をもっていますが、日々繰り返し触れるもの・決まったルーティンがあるものはストレスフリーな小さいマイサイズで揃えたいと思います。