Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

〈家計簿〉2020年11月・一人暮らし会社員の公開家計簿

11月の家計簿をまとめました。

2020年11月の収支


2020年11月は予算を5千円弱残した黒字でした。

11月の出費の内訳

(1)住まい 44,700円 ○

住宅ローン返済&管理費・積立金です。固定資産税や保険料など年単位の支払い費用は(8)の積立てに入っています。


(2)自動車 28,789円 ○

ガソリン、任意保険、駐車場の費用が含まれています。今年は原油価格の下落からずっとガソリン価格も低めです。仕事帰りの寄り道も減り、自動車関連の支出は黒字続き。


(3)通信費 7,840円 ○

マンションの光回線と、Y!mobileの2GBプラン、通信速度も不満なしです。


(4)ペット(猫・魚) 3,731円 ○

食べ物のアレルギー反応があまりに多く、おやつやトッピングを一切あげられなくなった1ヶ月。決められたフードしか選択肢がないので飽きてしまったようで、申し訳なさでいっぱいです。12月はおもちゃを沢山買ってあげます。かかりつけの獣医さんは何かあれば年末年始も診察してくださるとのこと、頭が上がりません。今年は特にお世話になったのでお歳暮も送らなくては!


(5)光熱費 9,361円 ✕

私一人であれば暖房器具は電気毛布1つで事足りるのですが、留守番をしてくれる飼い猫のために8時間ほどエアコンが稼働中です。24度設定にしても床に設置した室温計は22度前後であることが多いので、空気を撹拌するサーキュレーターが必要な様子。天井付近の温度も測ってみたところちゃんと24度でした。


(6)食費 9,980円 ○

ほぼ毎日同じ献立でした。お弁当は具沢山みそ汁とミニおにぎり、夕飯は野菜のスープとパン。朝はフルーツヨーグルトとパンとミニサラダ、ときどき納豆。

付き合いの食事以外ではお肉を食べなかった気がします。お肉は加熱が必要なので、最近の私にとっては自炊のハードルが上がる食材の1つ。


(7)生活費 1,631円 ○

乳液化粧水とゴミ袋、あと楽天マガジンの定期購読代程度でした。小さく暮らすことで洗剤や化粧品の消費スピードもゆるやかになり、自然と支出が減ってきました。掃除にはウエスや洗えるモップを使っているので使い捨てシート類を買うことも無し。食器用洗剤も、油汚れが取り除かれていればごく少量で十分です。

関連▷ロボット掃除機をやめて、いつでもきれいな床へ小さく暮らすと手に入らないもの


(8)積み立て 31,100円 ○

インナーウェアの積み立てが貯まり買い替えタイミングです。店舗が歳末進行になる前に買いに行こうと思います。新年とともに総入れ替えという方法ではなく、1シーズンに1セット、傷みが気になるものや着心地の悪くなった物から交換しています。

美容院のカット・トリートメント・矯正費用を一定のスパンで積み立てて支出していますが、年末年始休暇明けの感染症の推移が心配なため1月の予定を前倒しして12月に行くことにしました。基本的に無計画な私ですが、さすがに先を考えて行動するようになっています。

▷積立ての内訳や目的はこちら

11月の振り返りと12月にむけて

使い捨て製品の使用を減らしてきた結果、11月は生活雑貨の買い物はほぼありませんでいした。年末年始は物流も混雑するので、1月中頃までを見据えて買い足さなくても良いように補充しておきます。

年末年始の巣ごもり期間での楽しみもなにか考えておきたいと思いつつ、結局は猫とまったり過ごす毎年恒例のスケジュールになりそうです。やっぱりそれが一番幸せな時間なので、満喫できるように家の中を整えておきます♩