Web
Analytics

ひっそり暮らし

分譲マンションで暮らす、おひとりさまのブログ。節約*暮らし*ミニマル

大人になるための勉強。

FP(ファイナンシャルプランナー)試験を受けた理由。

学校では教えてくれないこと

f:id:fugu-ya:20180131121245j:plain

社会に出てお給料をもらえば、だれにでも税金や保険、年金が付いてまわります。

細かな数値や処理は会社任せで済んでしまいますが、給料明細から引かれている様々なお金のこと、気になりませんか?

少ないお給料でやりくりしている私は、とても気になっていました。

会社を辞めたら払わなくて良くなる?
個人で払うとしたら金額は変わる?
そもそも何の対価として払っているの?

分からない事を1つ1つ調べていくうちに、これらの情報のプロフェッショナルがいることを知りました。

それがファイナンシャルプランナーです◎

《financial》は金融や財政、《planner》は企画者や計画係という意味だそうです。

バカな話ですが、受験を決めるまでファイナンシャルは《終わり》(ファイナル)的な意味だと思っていました。人生の終わりまで導いてくれる的な。お恥ずかしい・・。

知識は武器であり財産

宅建など不動産に関する資格もすでにいくつか持っていて、勤め先からは資格手当をもらっています。

現在手当の上限額いっぱいまで頂いているので、今回FPを取得したことでの会社からの報酬はありません。

それでも、身に着けた知識はかけがえのない財産だと思いました◎

自分自身の経済状況を分析できるようになり、漠然とした不安も薄れてきて。

先々の不安がいっぱいで挑戦できなかったことにも、この知識を武器に飛び込めるような気がします!

 

次のステージであるFP「1級」試験は、合格率が平均して10%前後。合格率わずか3%という試験もあったようです!難易度が高いほど燃えるタイプではありますが、さすがにこの数字はひるんでしまいました==;

じっくりと基礎を身に着けてから、1~2年がかりで受験してみようかな?

正直まだ揺らいでいます・・

それでは🐡