Web
Analytics

ひっそり暮らし

一人暮らしOL。年間100万円貯蓄・節約家計術・ミニマリズム・分譲マンション住まいを綴るライフブログ。

まだ持っていた、当たり前の呪縛

冬のワードローブ

持っているボトムスは、昨年購入したとても気に入っているプリーツスカートとタイトスカート。それに加えて、数年前から変わらないデニムが1着あります。

関連▷9着で暮らす、ミニマリスト冬のワードローブ(2020年)

ボトムスを刷新

5年以上前に買ったデニムはスキニーパンツ。ぴったりフィットしてボディラインが出てしまうことに少しずつ違和感を感じ始め、気づけば半年以上着ていませんでした。

それでも捨てなかったのは、当たり前の呪縛。

「誰だってジーンズの1つくらい持ってないと。」

そんな思い込みが思考を妨げて、なかなか決断できずにいました。

先日冬支度をする中で改めて手に取り、「誰のために持ち続けるのか」と自問。ようやく手放すことができました◎ 踏ん切りがついたのは、先日のニットも1つのきっかけ。

関連▷冬支度と、服の手放し時

どれだけ素敵な製品でも、自分にとっての価値を基準に取捨選択しなければハリボテになってしまいます。手入れが行き届くこと、適度なサイクルで活用すること、全ては自分のものさし。自分自身を理解できるのは、まだまだ先になりそうです。